逆引きAndroid入門 エミュレーター/実機の画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮るには

エミュレーター/実機の画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮るには

ここでは、エミュレーター/実機の画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮る方法として、
3つの方法を紹介いたします。


1. Android SDK のみで実行する方法(DDMS)

2. Android SDK + Eclipse + ADT で実行する方法(ADT)

3. Android SDK + Android Screen Monitorで実行する方法(ASM)

 

1~3 の方法は、共通して、画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮る方法ですが、
3 の方法は、さらに、実機の画面を PC 上にリアルタイム表示させる機能を有しています。
(さらに言えば、キャプチャ時の画像拡縮や画像回転機能もあります。)
 



1. Android SDK のみで実行する方法(DDMS)

 

1-1. PC と 実機(Androidデバイス)を接続する。

1-2. Android SDK tools ディレクトリ下の「ddms」を実行する。

 ※Windowsの場合、「ddms.bat」

1-3. 接続しているデバイスのシリアル番号が表示されたら、選択し、「Device」メニュー > 「Screen  capture ...」をクリックする。

※「Ctrl + S」キーでも同様

243-1-2.png

1-4. 「Device Screen Capture」画面が表示されたら、「Save」ボタンをクリックすると、
ファイル保存先を選択する画面が表示されるので、任意の保存先を選択(入力)して「保存」ボタンをクリックすると保存できる。

243-1-4.png

 



2. Android SDK + Eclipse + ADT で実行する方法(ADT)

 

2-1. PC と 実機(Androidデバイス)を接続する。

2-2. Eclipse を起動する。

2-3. 「DDMS」パースペクティブに切り替える。

※「DDMS」パースペクティブのボタンが表示されていなければ、「Window」メニュー > 「Other Perspective」 > 「Other ...」 > 「DDMS」をクリック

243-2-3.png

2-4. 「Devices」タブから、「Screen Capture」ボタンをクリック。

243-2-4.png

2-5. 「Device Screen Capture」画面が表示されたら、「Save」ボタンをクリックすると、
ファイル保存先を選択する画面が表示されるので、任意の保存先を選択(入力)して「保存」ボタンをクリックすると保存できる。

243-1-4.png

 



3. Android SDK + Android Screen Monitorで実行する方法(ASM)


以下のリンク先に詳細の手順を記載しています。

※内容は、バージョン2.00となっていますが、最新版で読み替えてください。