逆引きAndroid入門 音声認識(RecognizerIntent)を使用するには

音声認識(RecognizerIntent)を使用するには

音声認識を使用するには、android.speechパッケージ - RecognizerIntentクラスを使用します。

 

Android1.5から、音声認識フレームワークとして、
音声認識ライブラリをインテント経由で使用するためのRecognizerIntent(インテント)が追加されました。

簡単に言うと、「音声認識したいよ(※1)」というアクションのインテントを発行すると、
以下のような音声認識画面(アクティビティ)が起動します。

※1:具体的には、ACTION_RECOGNIZE_SPEECH、または、ACTION_WEB_SEARCH 

164-2.png

 

画面が表示されたら、マイクに向かって話しかけると、音声認識が実行され、
ACTION_RECOGNIZE_SPEECHを発行していた場合、認識された音声を文字列(リスト)として取得することができ、
ACTION_WEB_SEARCHを発行していた場合、認識された音声を使用してウェブ検索した結果が、画面表示されます。

実際にソースコードを見てもらった方が早いと思いますので、以下に記載しておきます。

 

サンプルソースコード

package com.adakoda.voicerecognitiontest;

import java.util.ArrayList;

import android.app.Activity;
import android.content.ActivityNotFoundException;
import android.content.Intent;
import android.os.Bundle;
import android.speech.RecognizerIntent;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.Toast;

import com.adakoda.voicerecognitiontest.R.id;

public class VoiceRecognitionTestActivity extends Activity {
    // = 0 の部分は、適当な値に変更してください(とりあえず試すには問題ないですが)
    private static final int REQUEST_CODE = 0;
    
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        Button button = (Button) findViewById(id.button);
        
        button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                try {
                    // インテント作成
                    Intent intent = new Intent(
                            RecognizerIntent.ACTION_RECOGNIZE_SPEECH); // ACTION_WEB_SEARCH
                    intent.putExtra(
                            RecognizerIntent.EXTRA_LANGUAGE_MODEL,
                            RecognizerIntent.LANGUAGE_MODEL_FREE_FORM);
                    intent.putExtra(
                            RecognizerIntent.EXTRA_PROMPT,
                            "VoiceRecognitionTest"); // お好きな文字に変更できます
                    
                    // インテント発行
                    startActivityForResult(intent, REQUEST_CODE);
                } catch (ActivityNotFoundException e) {
                    // このインテントに応答できるアクティビティがインストールされていない場合
                    Toast.makeText(VoiceRecognitionTestActivity.this,
                        "ActivityNotFoundException", Toast.LENGTH_LONG).show();
                }
            }
        });
    }
    
    // アクティビティ終了時に呼び出される
    @Override
    protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
        // 自分が投げたインテントであれば応答する
        if (requestCode == REQUEST_CODE && resultCode == RESULT_OK) {
            String resultsString = "";
            
            // 結果文字列リスト
            ArrayList<String> results = data.getStringArrayListExtra(
                    RecognizerIntent.EXTRA_RESULTS);
            
            for (int i = 0; i< results.size(); i++) {
                // ここでは、文字列が複数あった場合に結合しています
                resultsString += results.get(i);
            }
            
            // トーストを使って結果を表示
            Toast.makeText(this, resultsString, Toast.LENGTH_LONG).show();
        }
        
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data);
    }
}

 

サンプルリソース

※RecognizerIntentを使用するために必要なリソースでなく、あくまでも今回のサンプルを動作させるために必要なリソース

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    >
    
<Button
    android:id="@+id/button"
    android:text="Click to start"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"/>
    
</LinearLayout>

 

実行結果

実行後、ボタンを押すと音声認識画面(アクティビティ)が起動するので、(マイクに向かって)適当に話しかけてください。
無事認識されると、結果がトーストで表示されます。

ただし、このインテントに応答できるアクティビティがインストールされていない場合(例えば、エミュレーター環境などの場合)、
ActivityNotFoundExceptionが発生しますので、try-catchの例外処理は実装しておきましょう。

※実機は、ADP1で確認しました

164-4.png

 

その他

ソースコードを書かずに、手っ取り早く試すには、
「APIDemos」サンプルアプリ-「App」-「Voice Recognition」を実行させてみてください。