逆引きAndroid入門 孤(Arc)を描画するには

孤(Arc)を描画するには

android.graphicsパッケージ - Canvasクラスを使用します。

 

Arc

 

  • Canvas.drawArc()を呼び出すと、孤を描画できます。
    第2引数のstartAngleは、開始角度で、時計の3時が0度となります(時計の6時が90度)、
    第3引数のsweepAngleは、孤の角度、
    第4引数のuseCenterは、孤の開始点と終了点の間に中心点を通すかどうか(下記サンプルのoval3とoval4を参照)、
    第5引数は、Paintインスタンス。

 

サンプルソースコード

@Override
protected void onDraw(Canvas canvas) {
    Paint paint = new Paint();
    paint.setAntiAlias(true);
    paint.setColor(Color.argb(255, 255, 255, 255));
    
    RectF oval1 = new RectF(20.0f, 20.0f, 60.0f, 60.0f);
    canvas.drawArc(oval1, 0, 45, true, paint);
    
    RectF oval2 = new RectF(100.0f, 20.0f, 140.0f, 60.0f);
    canvas.drawArc(oval2, 0, 90, true, paint);
    
    RectF oval3 = new RectF(180.0f, 20.0f, 220.0f, 60.0f);
    canvas.drawArc(oval3, 90, 135, true, paint);
    
    RectF oval4 = new RectF(260.0f, 20.0f, 300.0f, 60.0f);
    canvas.drawArc(oval4, 90, 135, false, paint);
}

 


参考ページ