逆引きAndroid入門 Androidソースコードをダウンロード・ビルドするには

Androidソースコードをダウンロード・ビルドするには

Get source ‎(Android Open Source Project)‎(http://source.android.com/source/index.html)のページの指示に従って作業していくと、
Androidソースコードをダウンロード・ビルドできます。

以下、Ubuntu 8.04で確認した手順です。
※本文中の8.10の記載については、未確認です。




Ubuntu Linux (32-bit x86)


1. 環境構築

1-1. 以下のパッケージを入手する。

  • Git 1.5.4
  • JDK 5.0, update 12以降
    ※Java 6は非サポート
  • flex
  • bison
  • gperf
  • libsdl-dev
  • libesd0-dev
  • libwxgtk2.6-dev (optional)
  • build-essential
  • zip
  • curl
$ sudo apt-get install git-core gnupg sun-java6-jdk flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev
 libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl libncurses5-dev zlib1g-dev

※実際には1行。

 

1-2. 必要であれば、valgrind(メモリリークなどの検出ツール)もインストールしておく。

$ sudo apt-get install valgrind

 

1-3. Ubuntu 8.10の場合、libreadlineもインストールしておく。

$ sudo apt-get install lib32readline5-dev

 

2. Repoのインストール

2-1. ホームディレクトリ直下にbinディレクトリを作成し、パスを通す。

$ mkdir ~/bin
$ export PATH=$PATH:~bin

 

2-2. curlコマンドで、インターネットからrepo(スクリプトファイル)をダウンロードし、実行権をつける。

$ curl https://dl-ssl.google.com/dl/googlesource/git-repo/repo > ~/bin/repo 
$ chmod a+x ~/bin/repo

 

3. Repoクライアントの初期化

3-1. ダウンロード先フォルダを作成する。

$ mkdir mydroid
$ cd mydroid

 

3-2. repoスクリプトファイルを以下の引数で実行し、リポジトリの初期化する。

$ repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest

 

3-3. Your Name, Your Emailの入力を要求してくるので、適当な情報を入力する。

※取得だけの目的であれば、ブランクでもよい。
※「repo initialized in /home/hoge/mydroid」のような表示がされれば作業終了。

 

4. ソースコードの取得

4-1. repoスクリプトファイルを以下の引数で実行し、リポジトリを同期(=ソースコード取得)させる。 

$ repo sync

 

5. ソースコードのビルド

5-1. 以下の手順でビルドする。

$ cd ~/mydroid  
$ make