逆引きAndroid入門 プログレスダイアログ(ProgressDialog)を使用するには

プログレスダイアログ(ProgressDialog)を使用するには

概要

android.app パッケージ - ProgressDialog クラスを使用します。

 

ソースコード

package com.adakoda.android.progressdialogsample;

import android.app.Activity;
import android.app.ProgressDialog;
import android.os.Bundle;

public class ProgressDialogSampleActivity extends Activity {
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        ProgressDialog progressDialog = new ProgressDialog(this);
        // プログレスダイアログのタイトルを設定します
        progressDialog.setTitle("タイトル");
        // プログレスダイアログのメッセージを設定します
        progressDialog.setMessage("メッセージ");
        // プログレスダイアログの確定(false)/不確定(true)を設定します
        progressDialog.setIndeterminate(false);
        // プログレスダイアログのスタイルを水平スタイルに設定します
        progressDialog.setProgressStyle(ProgressDialog.STYLE_HORIZONTAL);
        // プログレスダイアログのスタイルを円スタイルに設定します
//      progressDialog.setProgressStyle(ProgressDialog.STYLE_SPINNER);
        // プログレスダイアログの最大値を設定します
        progressDialog.setMax(100);
        // プログレスダイアログの値を設定します
        progressDialog.incrementProgressBy(30);
        // プログレスダイアログのセカンダリ値を設定します
        progressDialog.incrementSecondaryProgressBy(70);
        // プログレスダイアログのキャンセルが可能かどうかを設定します
        progressDialog.setCancelable(false);
        // プログレスダイアログを表示します
        progressDialog.show();
    }
}

 

実行結果

82-a-1-1.PNG

82-a-1-2.PNG