2010年11月アーカイブ

ubuntu_android.PNG

Android のソースコードビルド環境を収録した Ubuntu ライブ CD を作成する方法について説明します。

この方法をマスターすると、クリーンな OS をインストール後、いきなり Android のソースコード取得&ビルドできるため、

インストール時にネットワーク環境を用意できない場合や、複数の PC に同じ環境を構築することができるため、大変便利です。

(しかも、OS インストール前のアーカイブイメージのため、持ち運べるほどサイズが小さい。)

 

事前準備

1. 作成したい Ubuntu の iso イメージを入手する

以下のサイトから作成したい Ubuntu のイメージをダウンロードします。

ここでは、「ubuntu-10.10-desktop-amd64.iso」をダウンロードしました。

 

2. ダウンロードした iso イメージをインストールし、Ubuntu を起動する

ここでは、VMware 上にインストール・起動しました。

 

Ubuntu Customization Kit (UCK)のダウンロード

以下のサイトから UCK のインストーラをダウンロードし、インストーラ実行します。

 

Ubuntu Customization Kit (UCK)の起動・カスタマイズイメージ作成

インストール後、UCK を起動するには、[Applications] > [System Tools] > [Ubuntu Customization Kit] をクリックします。

すると、対話式の画面が表示されますので、以下の様に進めてください。

※以下では、[Close] ボタンだけの画面の説明は省略しています

 

1. 「Please choose language packs to install」

インストールする言語パックを選択してください(複数可)。

ここでは、英語(en)、日本語(ja)の2言語をチェックしました。

 

2. 「Please choose languages will be available at boot of live CD」

ブート時に利用できる言語を選択してください(複数可)。

ここでは、英語(en)、日本語(ja)の2言語をチェックしました。

 

3. 「Please choose which language will be selected by default at boot of live CD」

ブート時に使用するデフォルト言語を選択してください。

ここでは、「ja」を選択しました。

 

4. 「Please choose desktop environments which will be present on customized CD」

カスタマイズCDで使用するデスクトップ環境を選択してください。

ここでは、「gnome」を選択しました。

 

5. 「Please choose an ISO image to be used as the basis for your live CD」

カスタマイズのベースとなるライブCDを選択してください。

ここでは、「ubuntu-10.10-desktop-amd64.iso」を選択しました。

 

6. 「Please enter the name for your CD」

カスタマイズしたライブCDの名前を入力してください。

ここでは、「Ubuntu10.10(64bit)」と入力しました。

 

7. 「Do you want to customize the CD manually during building」

カスタマイズCD構築中に手動でパッケージを編集するか選択してください。

ここでは、「yes」を選択しました。

 

8. 「Do you want to delete all windows-related files from the CD?」

Windows に関連するファイルをCDから削除するか選択してください。

ここでは、「no」を選択しました。

 

この後、パッケージの再構築が開始されます(少し時間がかかります)。

 

9. 「Please choose customization action」

パッケージの編集方法を選択してください。

ここでは、「Run console application」を選択しました。

 

ここから、任意のパッケージの追加や削除を行います。

作成したい環境に応じて適宜読み替えてください。

 

9-1. 「ia32-libs」用のリポジトリを追加

「ubuntu-10.10-desktop-amd64.iso」の初期状態では、「ia32-libs」の取得先リポジトリが不足していたのですが、

リポジトリがわからなかったため、起動OSの「/etc/apt/source.list」を開き、

カスタマイズ環境側の「/etc/apt/source.list」に、内容をコピーしました。

※リポジトリが通っている、または明示的に追加すべきリポジトリがわかっていれば、こんなことしなくてもよいです^^;

 

9-2. 「sun-java5-jdk」「sun-java6-jdk」用のリポジトリ追加

# add-apt-repository "deb http://archive.canonical.com/ lucid partner"
# add-apt-repository "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty multiverse"
# add-apt-repository "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty-updates multiverse"

 

9-3. リポジトリの更新

# apt-get update

 

9-4. Android Source ビルドに必要なパッケージの追加

# apt-get install git-core gnupg flex bison gperf build-essential zip curl 
zlib1g-dev gcc-multilib g++-multilib libc6-dev-i386 lib32ncurses5-dev 
ia32-libs x11proto-core-dev libx11-dev lib32readline5-dev lib32z-dev

※ブログに掲載する都合上、改行していますが、実際には一行です

 

9-5. 「sun-java5-jdk」「sun-java6-jdk」の追加

# apt-get install sun-java5-jdk
# apt-get install sun-java6-jdk

 

9-6. 「repo」の追加

# cd /usr/local/bin
# curl http://android.git.kernel.org/repo > repo
# chmod a+x repo

ここでは、repo を、パスの通る適当な場所(/usr/local/bin)に配置しました。

 

9-7. その他、必要なパッケージの追加

以上で、Android ソースコードビルドに必要なパッケージが揃いましたが、

emacs(エディタ) など、その他必要と思われるパッケージを追加しておくと便利です。

 

9-8. 「Continute building」を選択して「OK」をクリックし、ビルドの構築を再開させる

 

10. 「Building was successful!」と表示されたら完了

作成したファイルは、「tmp/remaster-new-files/livecd.iso」に作成されます。

 

今回の例では、Windows 関連のファイルや不要なパッケージを削除しなかったため、

カスタマイズしたイメージは CDサイズ(700MB)を超えてしまいましたが、

作成された iso イメージをベースに何度でも再構築できるため、気に入るまで繰り返し作業してみてください。

 

付録

9.1、9.2 で追加した後の(カスタマイズ環境側)「/etc/apt/source.list」の内容は、以下のとおりです。

# deb cdrom:[Ubuntu 10.10 _Maverick Meerkat_ - Release amd64 (20101007)]/ maverick main restricted
# See http://help.ubuntu.com/community/UpgradeNotes for how to upgrade to
# newer versions of the distribution.

deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick main restricted
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick main restricted

## Major bug fix updates produced after the final release of the
## distribution.
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-updates main restricted
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-updates main restricted

## N.B. software from this repository is ENTIRELY UNSUPPORTED by the Ubuntu
## team. Also, please note that software in universe WILL NOT receive any
## review or updates from the Ubuntu security team.
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick universe
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick universe
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-updates universe
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-updates universe

## N.B. software from this repository is ENTIRELY UNSUPPORTED by the Ubuntu 
## team, and may not be under a free licence. Please satisfy yourself as to 
## your rights to use the software. Also, please note that software in 
## multiverse WILL NOT receive any review or updates from the Ubuntu
## security team.
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick multiverse
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick multiverse
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-updates multiverse
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-updates multiverse

## Uncomment the following two lines to add software from the 'backports'
## repository.
## N.B. software from this repository may not have been tested as
## extensively as that contained in the main release, although it includes
## newer versions of some applications which may provide useful features.
## Also, please note that software in backports WILL NOT receive any review
## or updates from the Ubuntu security team.
# deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-backports main restricted universe multiverse
# deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ maverick-backports main restricted universe multiverse

## Uncomment the following two lines to add software from Canonical's
## 'partner' repository.
## This software is not part of Ubuntu, but is offered by Canonical and the
## respective vendors as a service to Ubuntu users.
# deb http://archive.canonical.com/ubuntu maverick partner
# deb-src http://archive.canonical.com/ubuntu maverick partner

## This software is not part of Ubuntu, but is offered by third-party
## developers who want to ship their latest software.
deb http://extras.ubuntu.com/ubuntu maverick main
deb-src http://extras.ubuntu.com/ubuntu maverick main

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu maverick-security main restricted
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu maverick-security main restricted
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu maverick-security universe
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu maverick-security universe
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu maverick-security multiverse
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu maverick-security multiverse
deb http://archive.canonical.com/ lucid partner
deb-src http://archive.canonical.com/ lucid partner
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty multiverse
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty multiverse
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty-updates multiverse
deb-src http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty-updates multiverse

 

あわせて読みたい


※追記

  • 2010/11/22: 9-6 で chmod が漏れていたのを修正

GALAXY Tab 用のアドオンが公開されていました(Kazzz さんのツイートで気づきました^^)。

このアドオンをインストールすることで、GALAXY Tab 用のエミュレーターを利用することができるため、

GALAXY Tab の特徴である大きな画面サイズ(1024 x 600)やデザインで、アプリケーションの動作を検証することができます。

 

公式解説ページ

 

以下、公式解説ページの日本語語要約です。

 

アドオンインストール手順

1. 「Android SDK and AVD Manager」を起動する。

run_avd.PNG

 

2. 「Available Packages」を選択する。

available_packages.PNG

 

3. 「Add-on Site」をクリック、「http://innovator.samsungmobile.com/android/repository/srepository.xml」を入力し、「OK」をクリックする。

available_packages-2.PNG

add_site.PNG

 

4. 追加された「GALAXY Tab」用のアドオンをチェックした状態で、「Install Selected」をクリックする。

available_packages-3.PNG

 

5. ライセンスを確認後、「Accept All」をクリック、「Install」をクリックする。

install.PNG

 

6. インストールが完了したら、「Close」をクリックする

install2.PNG

 

AVD(エミュレーター)作成手順

1. 「Virtual Device」をクリックし、「New」をクリックする。

avd1.PNG

 

2. 下図のように設定し、「Create AVD」をクリックする(Name や SD カードサイズは任意でOK)。

avd2.PNG

 

3. 作成したAVDを選択し、「Start」をクリック、Launch Options を設定し、「Launch」をクリックすると、エミュレータが起動します。

※画面サイズが大きいため、下図のようにスケールした方がよいです

※エミュレーターの画面の向きは、Ctrl + F11 で回転します

avd3.PNG

launch.png

emulator.PNG

2010年11月18日、Android Market のデベロッパーコンソールの仕様が変更されました。

近いうちに Android Market アプリ(Webサイト?)も更新されるかな?


変更点

  1. 高解像度アイコン(512 x 512)の画像の登録(必須)
  2. Feature Graphic(1024 x 500)の画像の登録(オプション)
  3. プロモーションビデオ用 YouTube URL の登録(オプション)

AndroidMarketDevCon.PNG


追記

以下、Android Market Support からのメール(2010/11/18)の原文です。

※1. 「最近の変更点」、2. 「ドラフトアップロード」、3. 「大きいプロモーション用画像」について記載されています(required が?)。


Hello,

We're writing to inform you about some changes to Android Market that require your attention.

First, we have added support for a recent changes feature, which allows you to add notes about changes specific to the newest version of your application. You are able to submit these from the Developer Console, similar to descriptions.
In the Market app, these notes will appear under the app description as "Recent changes."

Second, there is now a 'draft upload' capability for application updates. This feature enables you to edit your app listing and upload a new version without affecting the version live in Market. Your app listing edits will not change your live listing until you select "Publish."

Finally, we are adding support for larger promotional graphics to showcase your application. In addition to the currently required app screenshot, you will be required to upload one "feature" graphic. Supported promotional assets will now include:
 - A "feature" graphic, landscape aspect ratio, 1024 x 500 (required).
 - A high-res icon, 512 x 512 (required)..  The Android icon design guidelines located at http://developer.android.com/guide/practices/ui_guidelines/icon_design.html apply.
 - 2 screen shots, 320w x 480h, 480w x 854h, or 480w x 800h, increasing to 8 screen shots in the future (1 required).
 - A link for a promotional video hosted on YouTube (optional).

Thanks, and we look forward to continue working with you on Android Market.

Regards,
The Android Market Team

国内最大のAndroidのイベントである Android Bazaar and Conference (略してABC)が来年年明けに開催される予定です。

以下、日本Androidの会メーリングリスト(JAG ML)内の告知文です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「広がるAndroidの世界 --- 更なる飛躍を目指して」
Android Bazaar and Conference 2011 Winter 開催

日時: 2011年1月9日 10:00~
場所: 東大本郷 安田講堂・工学部二号館

予定トラック
午前 基調講演・招待講演
午後
・キャリア・トラック Androidのサービスを提供しているキャリアさんが登壇します。
・メーカ・トラック  Android端末を製造しているメーカさんのトラックです。
・ビジネス・トラック Androidビジネスの最前線の情報が得られます。
・開発トラック Androidの開発者向けの技術情報のトラックです。
・開発/デザイン・トラック Androidアプリ開発に、技術とデザインの両面から迫ります。
・コミュニティ・トラック 日本Androidの会のコミュニティ活動を紹介するトラックです。

展示
・今年の秋冬モデルの展示コーナ
・バザール 出展者を募集します。
・フリースペース 会員の交流スペースです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いつものごとく、バナーが入手できたら、当サイトにも埋め込んで応援しようと思います!


あわせて読みたい

home.png

2010年11月10日、Xperia の 2.1 ソフトウェアアップデートが公開されました。

変更点は、以下の公式サイトに記載されています。


このバージョンアップにより、「Angry Birds」「(公式)Twitter」「ミクのライブ壁紙」など、

Android 2.1(API Level 7)アプリケーションをインストールできるようになったので、

これまで以上に利用できるアプリケーションの数が増えました。

また、日本語フォントが見やすくなるなど、別物になった印象を受けました。

ソニエリさん、有難うございました!


あわせて読みたい

Android docomo SC-02B/T-01C/SH-03C/L-04C/SC01C/SH-07C のスペックを比較してみました(下図参照)。

※一部不明なところは埋めていません^^;

※記載間違いがある可能性がありますので、正確な情報は公式サイトをご参照ください^^;

SC-02B_T-01C_SH-03C_L-04C_SC01C_SH-07C.PNG


あわせて読みたい

Android softbank 003SH/005SH/001HT/003Z/004HW/001DL のスペックを比較してみました(下図参照)。

※一部不明なところは埋めていません^^;

※記載間違いがある可能性がありますので、正確な情報は公式サイトをご参照ください^^;

001HT_003SH_005SH_003Z_004HW_001DL.png


追記

  • 2010/11/22: Huawei 社のスペル、画面サイズの誤記修正


1

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31