[Android] 自分好みのアナログ時計ウィジェットを作ろう!

| トラックバック(0) |

アナログ時計ウィジェットのサンプルコードを置いておきました。

home.png

最低限のコードしか書いていませんが、アナログ時計ウィジェット(AppWidget)のテンプレートコードとして、少しは役に立つかと^^;

 

サンプルコードの使い方

1. アナログ時計画像のダウンロード

以下のリンク先にアクセスし、本家(git Web Hub)からアナログ時計の画像をダウンロードする。

https://android.git.kernel.org/?p=platform/packages/apps/AlarmClock.git;a=tree;f=res/drawable-mdpi;hb=HEAD

※ダウンロードするには、以下のように表示された3ファイル(*dial、*hour、*minute)の raw をクリックし、
 表示された画像を「名前を付けて画像を保存」し、それぞれ、
 「appwidget_clock_dial.png」「appwidget_clock_hour.png」「appwidget_clock_minute.png」
 というファイル名にリネームする

download_resource.png

 

2. サンプルコードのダウンロードと画像ファイルのマージ

アナログ時計ウィジェットサンプルコード(zipファイル)」をダウンロードし、

展開したフォルダ下の「res\drawable-mdpi」に、1でダウンロードした3つのpngファイルを置く。

download_sample2.png

 

3. プロジェクト(サンプルコード)のインポート

Eclipse 起動し、以下の手順でプロジェクトのインポートを行う。

[File] メニューから [Import] をクリック、

[General] - [Existing Projects into Workspace] を選択した状態で、[Next] をクリック、

[Select root directory] に [Browse] ボタンなどから、2 で展開したフォルダ選択し、[Finish] をクリックする。

import.png

 

4. デバッグ実行(アプリケーション(apk)ファイルの転送)

[AnalogClockWidgetSample] プロジェクトの

[AnalogClockWidgetSampleActivity.java] を選択した状態でデバッグを実行する。

※デバッグは[Run]メニュー[Debug]などから

debug.png

 

5. ウィジェットのインストール

エミュレーター、またはデバイスに転送(実行)されたのを確認後、

result.png

[ホーム]ボタンを押して、ホームスクリーンを表示し、

任意の空いている場所でロングタップ(長押し)、[ウィジェット]、[AnalogClockWidgetSample] をクリックし、

以下のようにアナログ時計が表示されれば完成。

install.png install2.pngfinish.png

 

ちなみに本家(git Web Hub)のリソース画像は、他にも以下のようなものがダウンロード可能です。

差し替えたり、自分で作成することで自分好みのアナログ時計ウィジェットを作ることができます。

resource.png

 

その他

  • 高解像度に対応するには、drawable-hdpi などのフォルダにもリソースを追加してください
  • アプリケーションを実行して表示される初期画面(アクティビティ)には、
    他のウィジェットを参考にインストール方法を促す画面に変更してください
  • このままのパッケージ名で Android Market にアップしないでください^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt.adakoda.com/mt-tb.cgi/432

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31