2009年10月アーカイブ

(少し前の記事ですが)Gmail の公式ブログによると、Gmail(Web版)が iPhone 、Android 向けに新しくなったようです。

 

 

Gmail(Web版) へのアクセス方法

1. ブラウザアプリで 「Google トップページ」にアクセス

2. 表示された上部のメニューから「その他 > メール」をクリック

 

Gmail(Androidアプリ)とGmail(Web版のキャプチャ) 

Gmail_android.png Gmail_web.png

比べてみると、見た目はたしかにWeb版の方がよいです。

使い勝手はというと。。。です。

まー、Web版のメール返信時に、元の本文が編集できるので、

長押し&切り取りで削除できるところが、ちょっと違うのかなと(それにしても、すごい面倒)。。。

あと、当然ですが、Androidアプリ版だと、当然、デバイスの連絡帳からアドレスをひっぱってこれるのですが、

Web版だと、Web版のGmailに登録してある連絡先からしか参照できません(当然ですが)。

(でも、これはこれで、PCメインに使っていた人は良いのかもしれませんが)

 

ホームスクリーンにGmail(Web版)へのショートカットを作成する方法

1. Gmail(Web版)へアクセスする ※上述参照

2. デバイスのメニューキーを押し、表示されたメニューでブックマークを選択

3. 現在のページをブックマークをクリックし、表示されたダイアログでOKをクリック

4. デバイスのHOMEキーを押し、ホームスクリーンの任意の空いている場所で長押しする

5. 「ホーム画面に追加」画面で「ショートカット」をクリック

6. 「ショートカットを選択」画面で「ブックマーク」をクリック

7. さきほど追加した「Gmail」のブックマークをクリック

すると、

以下のキャプチャ(右側のアイコン)のように、「Gmail(Web版)」へのショートカットが作成され、タップ一発でアクセスできるようになります。

gmail.png

※壁紙とGmailの関連はありません

GoogleMapsNavigation_Beta.png

Google Maps は、Android デバイス(HT-03A)のコンパスやGPSのおかげもあって、

3G/Wi-fi接続できる場所であれば、地図がなくて困ることが全くなくなったと言い切れるほど重宝しているアプリの一つですが、

そんな Google Maps も、Android 2.0 では、大幅に機能強化があるようです。

 

Google Maps Navigation (Beta) 

 

 

こういったキラーアプリが増えてくるのは、嬉しいことですね^^

Android 2.0 SDK のインストール方法についてです。

これまでの Android 1.x SDK のインストール方法と大きく異なる点がありますので、

必ず本家のインストール手順をよく読んでから試してください。

※インストール手順を読まないと、不要なファイルをダウンロードしたり、無駄な作業をしてしまう可能性があります^^;

 

ポイント

  • Android 2.0 SDK では、すべての方で ADT 0.9.4 が必要
  • ハマルとすれば、https(SSL)の箇所なので、該当した方は、後述したトラブルシューティングを参考に対処してみてください

 

A. 既に Android 1.6 SDK をインストールされていた方の手順

【A-1】

Android 2.0 SDK では、必要となる ADT のバージョンが 0.9.4 にアップされていますので、

これまでのバージョンアップ時と同様の手順で ADT を更新してください。

ADT の更新が完了したら、次に、Android 2.0 SDK の add-ons ファイルの取得を行います。

Android 1.6 SDK までの add-ons ファイルは、ダウンロードした SDK に含まれる形で配布されていたのですが、

Android 2.0 SDK からは、従来のような形で配布されなくなりました。

具体的には、必要な add-ons は、「Android SDK and AVD Manager」を通してダウンロードするように変更されました。

この「Android SDK and AVD Manager」は、Android 1.6 SDK から含まれているツールであり、

Android 1.6 SDK をインストール済みの方であれば、コマンドラインから「android」コマンドを実行するか、

Eclipse 起動後、「Window メニュー」 > 「Android SDK and AVD Manager」、

または、ツールバー上の携帯電話?のようなアイコンをクリックすることで起動できます。

Android_SDK_and_AVD_Manager_0.png

【A-2】

「Android SDK and AVD Manager」を起動できたら、

左側のペインから「Available Packages」をクリックし、デフォルトで用意されているチェックボックスをチェックして展開します。

すると、Android 2.0 の add-ons や、これまでの Android 1.1 や 1.5 に含まれていた add-ons のリストが表示されますので、

必要な add-ons のみチェックした状態にして、「Install Selected」ボタンをクリックしてください。

※ダウンロードには、結構な時間を要しますので、今すぐ必要でないものは、チェックを外した方が良いです

Android_SDK_and_AVD_Manager_2.png

その後、License の確認画面が表示されますので、内容を確認し、インストールを継続してください。

以上です。

 

B. 既に Android 1.0 ~ 1.5 SDK をインストールされていた方の手順

【B-1】

ADT を 0.9.4 にアップデートする作業については、手順 A と同様に必要な作業ですので、同手順で更新してください。

注意するところとしては、Android 1.5 未満の方は、ADT が 0.9 未満の可能性があるため、

該当した場合には、ADT を更新する前、ADT を削除してから更新してください。

※参考になるかわかりませんが、1.5 更新時に書いた記事がありますので、
ADT の更新に関する記述だけお読みいただくと、多少の参考にはなると思います

【B-2】

ADT の更新が完了したら、次に、Android 2.0 SDK の add-ons ファイルの取得を行うのですが、

同ファイルの取得に必要な「Android SDK and AVD Manager」がインストールされていないため、

このツールを含むファイルをダウンロードする必要があります。

具体的には、以下の Android SDK ダウンロードトップページから android-sdk*.zip/tgz をダウンロードし、解凍してください。

解凍すると、Windows であれば、 SDK Setup.exe、

Mac OS X や Linux であれば、<sdk>/tools/android が得られますので、それらを起動してください。

すると、「Android SDK and AVD Manager」が起動しますので、後は、手順A の【A-2】のとおり進めてください。

以上です。

 

C. はじめて Android SDK をインストールされる方の手順

まずは、Java と Eclipse をインストールしてください。

各々のインストール方法については、Android 1.0 ~ 2.0 間で同様の手順となりますので、

適当な Android 入門書やウェブサイトの記事を参考に作業してください。

その後、上記の【B-2】、【A-2】の手順で進めることでインストールが完了します。

 

トラブルシューティング

まったく問題ない人は問題ないのですが、

環境によっては、https(SSL)、または、プロキシーでエラーとなる環境が考えられます。

その場合、「Android SDK and AVD Manager」を Eclipse からでなく、

コマンドラインから「android」コマンドを実行し、「Android SDK and AVD Manager」画面を表示させてください。

すると、左側のペインに「Settings」の項目が表示されるので、同項目をクリックした後、

右側のペインに表示された「Force https://...」のチェックボックスをチェックしてください。

※これは、https のリクエストを、強制的に http に置き換えるオプションです

※Available Packages で Add Site して https を http に変更して登録する方法だと、
途中で「SSL peer shut down incorrectly 」のエラーが表示され、上手くいきませんでした。。。

また、HTTP プロキシー環境の方は、あわせて上部の「Proxy Settings」も設定してください。

Android_SDK_and_AVD_Manager_3.png

国内では、HT-03A に対して Android 1.6 (Donut(ドーナツ))を配信している真っ只中ですが、

そんな中、噂の Android 2.0 SDK ((Eclair)エクレア)がリリースされました!

 

 

 

リリースされたのが日本時間の深夜だったのですが、Twitter のTL では、エクレアのインストール祭りに。。。

そして。。。

ということで、今日はAndroid 2.0 のニュースや記事が続々と出てくると思いますので楽しみですね。

(ワタクシは、仮眠したら朝を迎えてたので、夜まで、おあづけ状態。。。、また夜になったら試そうと思います><。。。)

以前、Android 1.6 から「手書きジェスチャー機能が追加される」というような内容の記事を書いていたのですが、

昨日更新した 1.6 を HT-03A で試してみると、なんと追加されていないではないですか!

「どういうことだっ!」

ということで、リポジトリを調べてみると、

以下のように、リポジトリに追加後、わずか5日で削除されたようです。。。

repo_donut_lancher.png

それにしても、我ながら上手いこと、この間に repo sync したもんだと思いました。。。

結構使える機能だったのに残念><

以前にも書いたのですが、Android 1.6 からは、超便利なトグル系ウィジェットである「電源管理ウィジェット」が標準で使えるようになりました!

※以下のキャプチャの赤枠

power_control_widget.png

 

インストール方法

1. ホームスクリーンの空いたところで長押しする

2. 「ホーム画面に追加」で「ウィジェット」をタップする

install_power_control_widget_1.png

3. 「ウィジェットを選択」で「電源管理」をタップする

install_power_control_widget_2.png

※インストールは以上です

 

使い方

power_control_widget_learge.png

左から順に、

1. Wifi の On/Off 切り替え

2. Bluetooth の On/Off 切り替え

3. GPS の On/Off 切り替え

4. バックグランドデータの同期(Sync)の On/Off 切り替え

5. 画面の明るさ(Brightness)の 3段階切り替え

のアイコンをタップするだけです。

japan-linux-symposium.png

2009年10月21日~23日に東京で開催された「第1回Japan Linux Symposium」における Android 関連のセッションの資料(一部)です。

 

 

 

※同日、「Learning, Analyzing and Protecting Android with TOMOYO Linux」もあったようですが、まだ資料を見つけられていません。。。求、情報。

※2009/10/26追記:CELFの資料へのリンク情報をいただきました。ありがとうございます!詳しくは、本エントリのはてブから。

※2009/10/28追記:Toshiharu Harada さんから情報をいただきました。ありがとうございます。

 

第2回は、Android 関連のセッションが増えているかもしれませんね。

Android SDK に付属のエミュレータは、デバイスの画面とキーボードの両方を表示しているため、画面サイズが小さなPC環境では、他のウィンドウをすっぽり隠してしまうくらい画面が大きいです。。。

 

例えば、画面サイズが1280x800の環境だと、以下のようにエミュレータの画面がデスクトップの大部分を占めてしまいます。

これでは、Eclipseと一緒に使うときに結構邪魔になってしまいます。。。

emulator_default.png

 

しかしながら、エミュレータは、起動時の -scale 引数により、拡大縮小機能を備えているため、デフォルトより小さく表示することもできます。

例えば、75%で表示すると、以下のように画面サイズを少し小さくすることができます。

emulator_75percent.png

※50%にすれば、さらに小さくなるのですが、現実的に操作が困難。。。

 

ただ、右側に表示されているキーボードについて言えば、下段のキーボードは、明らかに使わないですし、上段のキーボードも、よく使うものは、HOMEキーとMENUキーくらいだったりします。

 

このために、こんなにも画面を占めているなんて・・・。

 

ということで、エミュレーターの画面を、最小限の表示しかしないようにしてみました(以下のキャプチャ)。

※なんだかASMみたい

emulator_customize.png

 

実現方法としては、Android SDK インストール先に含まれる skins フォルダ下の「画面サイズ毎のフォルダに格納されている layout ファイル」を直接編集しました。

※他にもっといい方法があるかもしれません。。。

※必ずファイル(フォルダ)をバックアップした上でお試しください。

 

サンプルlayoutファイル

parts {
    portrait {
        background {
            image   background_port.png
        }
    }
    landscape {
        background {
            image   background_land.png
        }
    }
    device {
        display {
            width   320
            height  480
            x       0
            y       0
        }
    }
}
layouts {
    portrait {
        width     320
        height    480
        color     0xe0e0e0
        event     EV_SW:0:1
        part3 {
            name    device
            x       0
            y       0
        }
    }
    landscape {
        width     480
        height    320
        color     0xe0e0e0
        event     EV_SW:0:0
        part3 {
            name      device
            x         0
            y         320
            rotation  3
        }
    }
} 

※layouts ファイルで参照している PNG 画像ファイル background_port.png(320x480), background_land.png(480x320) ファイルは、ダミーですので、画像の中身は、何でもよいです

 

ちなみに、キーボードが表示されなくなったら、HOMEキーやMENUキーはどうするの?

ということになりますが、それらは、キーボードショートカットで補うことができます。

 

エミュレータキーボードショートカット(一部)

  • Home ・・・ HOME
  • Menu ・・・ F2 or Page up
  • Back ・・・ ESC
  • Call ・・・ F3
  • End call ・・・ F4
  • Serach ・・・ F5
  • Power ・・・ F7

※すべてのキーボードショットカットは、以下の(公式)リンク先にあります
http://developer.android.com/intl/ja/guide/developing/tools/emulator.html

 

おまけ

以上で、やりたいことは実現できたのですが、正直なところを言うと、キーボードショートカットが覚えづらく、また、HOMEキーなどは、ノートPCでは、複数キーを押さないといけないため、実は、あまり使い勝手がよくありません。

ということで、さらに作りこんだのが、以下のキャプチャ。。。

良く使う 10 個のキー(正確には、Controls)を画面下に並べてみました。

emulator_customize2.png

わかりづらいと思いますので、画面下部を拡大。

emulator_customize2_zoom.png

32x32のアイコン10個を配置しています(アイコン下手すぎっw)。

以下のような感じで、controls を記述していけば、好きなボタンを好きな位置に配置できます。

    controls {
        background {
            image   controls.png
        }
        buttons {
            home {
                    image button.png
                    x 0
                    y 0
            }
            soft-left {
                    image button.png
                    x 32
                    y 0
            }
            back {
                    image button.png
                    x 64
                    y 0
            }
...
    }

ようやく国内初、Android 1.6へのバージョンアップが始まるみたいです。

Donut.pngDonut.pngDonut.png

「docomo PRO series HT-03A」のバージョンアップ情報 | ニュース | ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

  • 更新開始日:2009年10月23日 午前3時
  • 機種名:HT-03A
  • 対応方法:OSバージョンアップ
  • OSバージョン:Android1.6
  • バージョンアップファイルサイズ:約16MB ※1
    ※1
    バージョンアップには「Biz・ホーダイ ダブル」のご利用を強くお奨めします
    パケット定額サービスに未加入の場合は、パケット通信料が約25,000円かかります
  • バージョンアップ書換時間:約5分
  • HT-03Aバージョンアップ手順:バージョンアップファイルが自動的にダウンロードされます

 

あわせて読みたい

[Android] Embedded Technology 2009

| トラックバック(0) |

EmbeddedTechnology2009.png

2009年11月18日(水)~20(金)に

Embedded Technology 2009」というカンファレンスが、

パシフィコ横浜で開催されるそうです。

※Embedded Technology とは、
次世代デジタル家電、携帯端末、カーエレクトロニクス、ロボット、各種産業用機器などの
最先端テクノロジーに欠かせない組込み技術と
ソリューションが集約された専門技術展とカンファレンス

 

Android 関連のイベントは、以下のとおりです。

※下記は、2009年10月23日現在のものです
今後変更される可能性もありますので、最新の情報につきましては、必ず公式サイトでご確認ください

 

【C-2-1 11月18日 (水)  10:00~12:15    会議センター 5F[小ホール]】

Android特別セミナー PartI
組込み開発とAndroid
~概要説明、適用事例から人材育成まで~
 

• 10:00~10:35
Androidで変わる組込み開発

三浦 雅孝 氏
(社)Open Embedded Software Foundation 代表理事

• 10:35~11:10
組込みシステムにおけるAndroidの活用
~適用事例と最新動向の紹介~ 

今村 謙之 氏
(社)Open Embedded Software Foundation チーフプロジェクトコーディネーター

• 11:10~11:40
Android開発のための技術者育成手法とトレーニングコースの活用

満岡 秀一 氏
(株)ウェルインテクノロジー 事業統括部 事業開発マネージャー

• 11:40~12:15
ARMのAndroidに対するサポートと取り組み

平田 一行 氏
アーム(株) ビジネス・デベロップメント シニア・マネージャ

 

【C-2-2 11月18日 (水)  12:30~14:45    会議センター 5F[小ホール]】

Android特別セミナー PartII
Android開発環境の解説及び開発事例紹介

• 12:30~13:15
Android NDK/SDK解説

瀬戸 直喜 氏
日本Androidの会 四国支部 幹事・四国支部長/(株)ジャストシステムサービス 技術 受託開発グループ

• 13:15~13:45
Androidにセンサーを拡張して手軽にプロトタイピングしよう!

渡辺 知男 氏
日本Androidの会 幹事

• 13:45~14:15
誰でも出来る!?「てづくり携帯でんわ」

杉本 礼彦 氏
日本Androidの会/(株)ブリリアントサービス 代表取締役

• 14:15~14:45
Android向けデバイスドライバを開発する際のキモ

佐藤 勝彦 氏
日本Androidの会 / (株)ユビラボ 代表取締役

 

【C-5 11月18日 (水)  15:00~17:30    会議センター 5F[小ホール]】

Android利用時に気を付けたいGPLのABC

• 15:00~16:00
GPLv3の要点解説─v3からv2を考える─

IPAオープンソフトウェア・センター リーガルタスクグループ

• 16:00~17:30
<パネルディスカッション>Androidライセンス、その概要と課題について

IPAオープンソフトウェア・センター リーガルタスクグループ

 

【DVT-5 11月19日 (木)  14:00~14:45    アネックスホール[F203]】

組込み技術者に最適な、大規模ソフトウェアの動的解析とリアルタイム計測手法
~ Androidプラットフォーム/マルチコアSMPを"見る" ~

山田 敏行 氏
横河ディジタルコンピュータ(株) エンベデッドプロダクト事業部 事業部長

 

【DVT-9 11月20日 (金)  11:00~11:45    アネックスホール[F203]】

統合モデルベース設計・検証
~ 制御モデルと組込みソフトウェアモデル、そしてAndroid ~

渡辺 政彦 氏
キャッツ(株) 技術統括室 取締役 副社長 最高技術責任者

123

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31